メールルーム21 TOP > ビル内デリバリー Q&A

ビル内デリバリー業務 導入に関するよくあるご質問と回答

ビル内デリバリー業務に関し、よくあるご質問とその回答を掲載しております。

ビル内デリバリー導入についてのご相談は、お電話や当サイトメールフォームから承っております。
お気軽にお問い合わせください。

※質問文をクリックすると、解説・回答が表示されます。再クリックで非表示が可能です。

ビル内デリバリーの導入費用はどの程度になりますか?
お客様のご要望や事業規模、配置する人員等によって変動いたします。
まずはお問い合わせください。
ビル内デリバリーセンター導入に関するお見積りは無料となっております。
荷物の管理はどのように行っていますか?
荷受け・仕分け・配達時での伝票チェクを徹底しております。
目視でのチェックとログ管理システムでのダブルチェック体制を徹底しています。
ビル周辺の混雑緩和はどのようにして行っていますか?
入退車両の管理や、荷物用のエレベーターを管理することで、ビル周辺の混雑を回避しております。
駐車場と入館時間の管理を行うことで、ビル周辺の路上駐車等がなくなり、安全性も確保されます。
どのようなスタッフ研修を行っていますか?
挨拶やマナー、個人情報等の基本的な研修以外に、台車の使い方、宅配業者毎のサービスメニューの把握などの専門的な研修も行います。
ビル内デリバリーで取次できない荷物はありますか。
あります。国内、海外問わず、法律や条例等により宅配便で取り扱えない物はビル内デリバリーでも取次することはできません。
取次が可能な主な物品
●宅配物品各種(クール便含む)
●ハンガー類等の各種一部代行納品物
●文具各種
●コピー用紙
●宅配で届く食品や調味料等
●温度管理が不要な食材等(調味料、米、缶詰、レトルトパック、瓶詰、お菓子)
●宅配業者への事前申告等により航空便に搭載が可能になった特殊品(リチウムイオン電池またそれを内蔵した製品等)
取次が不可能な主な物品
1:宅配免責賠償保険適用を超えた高額な物品
(現金、貴重品、有価証券等一般宅配便で取扱不可のもの)
2:精密機器等専門的配送を要するもの
3:腐食、変質しやすいもの
(生花、冷凍・冷蔵ではない生鮮産品 ※特に生鮮三品とも呼ばれる鮮魚・精肉・青果、等)
4:毒物、劇薬、火薬等一般宅配便、航空便で取扱い不可のもの
5:テナント様(または発送人様)が直接業者へ依頼したチャーター便
6:2人以上でないと運べない重量物、長大物の搬出入
7:梱包していない物および梱包不良のもの
8:業者が直接納品する必要があるとデリバリーセンターで判断したもの
9:その他、標準貨物自動車運送約款および標準宅配便約款に定める取扱い対象から除外される荷物
※5と6および7はデリバリーセンターへ事前に申請して頂くと、オプションメニュー(有償)として対応可能です。
  • トップページ
  • メール室とは?
  • サービスの強み
  • 「メール室」外部委託のメリット
  • 「メール室」導入イメージと事例紹介
  • メール室 Q&A
  • ビル内デリバリーとは?
  • 「ビル内デリバリー」を導入するメリット
  • 「ビル内デリバリー」導入イメージと事例紹介
  • ビル内デリバリー Q&A
  • 担当者のご紹介
  • 用語集と解説
  • メールルーム21 スタッフブログ
  • メール室・館内物流に関するコンテンツは
    上記メニューよりご覧ください。
会社概要
プライバシーポリシー
リンク集
求人案内
メールルーム21の会社概要や個人情報保護方針、
求人情報等はこちらから閲覧いただけます。
メールルーム21

メールルーム21
(運営:株式会社ヒガシ21)

〒163-1407
東京都新宿区西新宿3-20-2
東京オペラシティタワー7F
デリバリーセンター

03-3299-3190受付時間:9:00〜18:00メールでのお問い合わせはこちら
サイトマップ
スマートフォンから
アクセスをしますと、
専用のレイアウトで
表示されます。
For smartphone

お問い合わせフォーム
業務のご依頼・相談に関しましてはこちらのフォームからご連絡下さい!

カタログ・資料請求
メール室業務・アウトソーシングについて詳細な資料を送付いたします。

03-3299-3190メール室(メールルーム)業務をアウトソーシングした際の費用に関する、無料シミュレーションのご依頼や各種ご相談はこちらからどうぞ!